事件・事故

矢島大毅の顔画像を公開!通学中の女子高校にわいせつな行為をし逮捕!余罪の可能性も!?

通学中の女子高生の下半身を触るなどした疑いで、矢島大毅容疑者(29)が逮捕されました。

矢嶋容疑者はお酒に酔っていたのか?日頃から同じような犯行を繰り返していた可能性もある様です。

今回の事件について調査します。

事件概要

矢島容疑者が通学中の女子高生にわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

周辺では同様な事件が起きていたことから矢島容疑者が以前起きた事件にも関与している可能性がある模様です。

まずは事件概要についてみていきましょう。

通学中の女子高生の下半身を触るなどした、強制わいせつの疑いで会社員・矢島大毅容疑者(29)が逮捕された。

矢島容疑者は2018年7月、神奈川県・横浜市港南区の路上で、通学中の女子高生の背後から近づき、下半身を触るなどした疑いが持たれています。

警察の調べに対して、矢島容疑者は、「心当たりはありません」と容疑を否認しているが、9月までの数カ月間に、横浜市港南区と平塚sh内で、いずれも女子高生を狙った同様の事件が起きていることから警察は、余罪があるとみて捜査をしている。

                                  出典:FNN

通学途中の女子高生の下半身の下半身を触るなどして、強制わいせつの疑いで逮捕された矢島容疑者の犯行は許せません。

通学途中ということと、酒に酔っていて覚えていないなどという供述ではなく「心当たりはありません」と供述して容疑を否認していることからお酒に酔っていての犯行ではないと思われます。

それだけに計画的な悪質な犯行です。

また周辺では同様な事件が起きていることから矢島容疑者の余罪についてもある可能性があります。

この様な被害にあることで女子高生もひどく傷ついていると思われ、後ろに男性が歩いていると恐怖も覚えるはずです。

被害にあった女子高生の心の傷も心配ですね。

 

スポンサーリンク



矢島大毅容疑者について

矢島容疑者のプロフィールについて紹介します。

名前:矢島大毅

年齢:29歳

住所:東京・江東区

職業:会社員

通学途中の女子高生の下半身を触るなどした疑いで逮捕され、「心当たりはありません」と容疑を否認している人物です。

 

スポンサーリンク



矢島大毅容疑者の顔画像とSNS

矢島容疑者の顔画像とSNSのアカウントの情報についてあるか調べてみました。

矢島容疑者の顔は報道されていました。

こちらが矢島容疑者の顔になります。

出典:FNN

カメラの存在に気づき睨んでいる様な印象を受けます。

また決して顔を隠そうしていないとこも堂々としており、反省している様な感じがしません。

次に矢島容疑者のSNSのアカウントについて調べてみました。

残念ながら「矢島大毅」という同名のアカウントを見つけることもできませんでした。こちらから検索結果になります。→Facebook「矢島大毅」検索結果

 

スポンサーリンク



事件現は?

事件現場は神奈川県横浜市港南区の路上です。

 

事件現場の写真などは公開されていなかったので詳しい位置まではわかりませんでした。

周辺地図を載せておきます。

 

スポンサーリンク



犯行動機は?

犯行動機ですが矢島容疑者は容疑を否認しているので明らかになっていません。

警察の調べに対して矢島容疑者は「心当たりはありません」と供述しています。

矢島容疑者の供述と事件の時間帯から酒に酔っていての犯行の可能性は低く、通学中の女子高生を狙っての犯行でしょう。

同様な事件が周辺で別に起きていることから矢島容疑者が欲を満たしたいときに犯行を繰り返していたのでないでしょうか?

こんな犯罪が起きれば安心して学校にもいけませんね。

通学路には防犯カメラをたくさん設置することも大切かもしれません。

 

スポンサーリンク



矢島大毅容疑者が受ける刑罰は?

矢島容疑者は強制わいせつの疑いで逮捕されています。

強制わいせつの刑罰は6月以上10年以下の懲役となっています。

矢島容疑者の場合は、余罪についても疑われているのでう余罪に数によって刑罰の重さも決まってくるでしょう。

しかし、被害にあった女子高生の傷は消えるものではありません。

それだけに矢島容疑者が犯した罪は一生許されることではないです。

 

スポンサーリンク



 

ネットの声

よく春先とか暖かくなる頃変質者は現れたりするけど、今のこの時期も最適なのかな…いや年中あるんだろうな、変質者は年中無休だろうから。
最近毎日こんなんあるけど昔からこうだったっけ?
変質者が多くなってきた!何を考えてんだか。

ネットの声でも最近、同様な事件が増えてきたという印象を受けているようです。

確かにこのケースの事件が増えていると感じます。

女性も常に防犯グッズを持ち自分の身を守れるようにしておくことが重要かもしれません。

女性を深く傷つける犯行なので本当に許せません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。