事件・事故

高橋学の顔画像!塾講師が忘れ物した児童の頭を壁に打ち付けた!余罪は?

神戸市の塾で、忘れ物した児童に対して壁に頭を打ち付けた疑いで塾講師の高橋学ぶ容疑者が逮捕された。

余罪についても気になるところです。

高橋容疑者についてと事件概要について確認していきましょう。

高橋学容疑者の顔画像とプロフィール

スポンサーリンク



こちらが高橋学容疑者の顔画像とプロフィールになります。

出典:関西テレビ

名前:高橋学

年齢:43歳

住所:不定

職業:学習塾の校長

容疑:傷害容疑

SNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましたが同名のアカウントは存在するも本人と特定するアカウント発見には至りませんでした。

検索結果はこちらです→Facebook高橋学検索結果

警察の調べに対して、高橋容疑者は「忘れ物が多いのを軽く受けとめているのを軽く受け止めていると思い腹が立っておでこを7・8回打ち付けた。暴力は明らかに行き過ぎた行為だった」と供述しています。

高橋学容疑者が逮捕された事件概要

高橋学容疑者が逮捕された事件概要について確認していきましょう。

忘れ物をした児童の顔を壁に打ち付けてけがをさせた疑いで神戸市にある学習塾の校長・高橋学容疑者(43)が傷害の疑いで逮捕された。

高橋容疑者は先月担当する算数の授業が終わった後、テキストを忘れた小学5年の男子児童(10)の首根っこを掴み、頭を壁に打ち付けた疑いです。

児童に大きなけがはありませんでしたが、額を強く打ち硬膜下出血腫の疑いがあるということです。

今月8日、児童の母親が被害届を提出し、翌日に警察が高橋容疑者に任意で事情を聞いたところ、犯行を認めたということです。

出典:関西テレビ

忘れ物が多いからといって注意はいいとして、頭を壁に打ち付けたのは明らかに問題です。

こんな出来事がいれば被害者の家族も許すわけにはいかないですね。

被害にあった児童も硬膜下出血腫の疑いがあるということで心配です。

相当な力で頭を壁に打ち付けたのでしょう。

無事に逮捕されて良かったですが、余罪がないかも気になるところです。

 

スポンサーリンク



事件現場

出典:関西テレビ

 

高橋学容疑者の犯行動機

高橋学ぶ容疑者は「忘れ物が多いのを軽く受けとめているのを軽く受け止めていると思い腹が立っておでこを7・8回打ち付けた。暴力は明らかに行き過ぎた行為だった」と供述しています。

忘れ物が多いことに腹が立って一時的な感情で犯行に犯してしまったのではないでしょうか。

しかし、犯行の内容がひどいことから普段から児童に対する暴力がなかったのかも気になるところです。

スポンサーリンク



 

ネットの声

先生に叩かれるのが当たり前だった世代で、首根っこ掴まれもよくしました。でも壁に打ち付けられるのはされたことも見たこともありません。明らかに躾を逸脱した行為でしたね。
やりすぎ、宿題を忘れたことは良くないがけどやりすぎでしょ。
その子のことを思ってやったとはならない。
こんな大怪我させて後遺症が残ったら勉強さえ出来なくなってしまう。子供に勉強を嫌いにならないよう教えていくのが先生でしょ。
これでは本末転倒。後遺症が残らないことを願うのと心のケアを願います。
忘れ物が多いのを軽く受けとめていると思い

分からなくもない感情だが、指導者としては学習障害等を考慮しメモを取らせたり忘れ物を減らす手段を先に講ずるべきだな
故意に忘れる、持参すべき事を軽視し忘れる、障害のせいで忘れるのはそれぞれ全く別だろ

親からも甘やかされ学校の先生は体罰とか反撃を食らう事を回避し厳しく躾ないんだから、塾だけ厳しくても確実に結果につながるとは断定出来ない

ま、しかしながら塾の最大存在意義は成績を上げる事であり長期記憶に刻み込ませる事で、場合により厳しさが必要となる場面や生徒の気質もあろうが、傷害を与える暴力は正当化とはなるまい

忘れ物が多いのに腹が立ったのでしょうがやりすぎですね。

こんなことをすれば問題になるのはわかるはずなおで、その苛立ちを抑えることができないで暴行にでてしまったのは問題です。

さすがにこんな事件を起こせば塾講師としては働くことは難しいでしょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。