事件・事故

篠田大志さんが命を落とす。野球の練習試合で死球を受ける。ヘルメットは?

18日に硬式野球部の練習試合中に打席に立った2年、篠田大志さん(16)が頭部付近に死球を受けて、意識不明で病院に搬送されたが、19日に死亡が確認されました。

なぜこのような事態になってしまったのでしょうか?ヘルメットは使用していたのでしょうか?

今回の事故について調べてみました。

篠田大志さんのプロフィール

スポンサーリンク



名前:篠田大志さん

年齢:16歳

住所:公表されていません

職業:熊本県立熊本西高の2年生

SNSのアカウントについて調べてみましたが同名のアカウントは見つかるも本人と特定できるアカウント発見には至りませんでした。

篠田大志さんが死亡した事故概要

篠田大志さんが死亡した事故概要について確認していきましょう。

18日午後1時40分ごろ、熊本県立熊本西高校で、硬式野球部の練習試合中に打席に立った同高2年の篠田大志さん(16)が頭部付近に死球を受けた。

篠田さんは意識不明で病院に搬送されたが、19日午前9時半ごろ死亡が確認された。

死因はボールが当たったことによる外傷性くも膜下出血。

試合相手は県内の高校で、篠田さんはヘルメットをかぶっていた。ボールを避けようとしたが、ヘルメットをかすめて左側頭部付近に当たったということです。

出典:読売新聞

高校野球の練習試合でバッターとして打席に立った篠田さんが死球を受けて死亡するという悲しい事故が起きてしまいました。

ヘルメットもきちんと着用していたということで不運な事故としか言えないかもしれませんが、篠田さんのご家族も大変ショックで悲しんでいることでしょう。

ご冥福お祈り致します。

また心配なのは篠田さんの頭部に死球を当ててしまった相手ピッチャーの心の傷です。

わざとではないにしろ自分が投げた球が篠田さんの頭部に当たり死亡してしまったとなれば心に深く傷を負い、野球をすることが怖くなっても不思議ではありません。

スポンサーリンク



熊本県立西高校

出典:Googleマップ

こちらが熊本県立熊本西高等学校の写真と地図になります。

熊本西高は今秋の北九州大会でベスト8入りし、県高野望が来春の選抜高校野球大会「21赤枠」への推薦を決めている。

スポンサーリンク



事故原因は?

事故原因ですが、ヘルメットを着用せずにバッターとして打席に立っていたということなので問題はなさそうです。

ヘルメットを着用していても頭部に死球を受ければ頭部に少なからずダメージは受けるので運の悪い事故としか言えませんね。

来春の選抜高校野球大会の出場も決まっていたということで篠田さんも楽しみに一生懸命練習を頑張っていたことと思うので本当に悲しくて残念な事故です。

スポンサーリンク



 

ネットの声

亡くなられた選手はもちろん、当ててしまった投手も可哀想。ご冥福を祈ります。
ご冥福をお祈りします。
としか言えない。

事故だしね。
本当にご冥福をお祈りします。

スポーツである以上 不幸な、不運な事故だっとしか言いようがない。

ご冥福をお祈りいたします。

スポーツの事故で誰も悪い訳ではありません。

人が投げる以上は頭に死球を当ててしまうことはプロ野球の選手でもあることです。

ご冥福お祈り致します。