事件・事故

大林英嗣が詐欺の疑いで逮捕!ソニー生命の元社員の不祥事!犯行動機も明らかに

顧客から保険料名目で7500万円をだまし取ったとして高松市の生命保険会社に勤めていた大林英嗣容疑者(46)が詐欺の疑いで逮捕された。

生命保険会社の元社員が顧客からお金をだまし取るという許せない事件です。

大林容疑者についてと今回の事件について調査しました。

大林英嗣容疑者のプロフィール

スポンサーリンク







 

こちらが顧客からお金をだまし取った疑いで逮捕された生命保険会社の元社員・大林英嗣容疑者のプロフィールになります。

名前:大林英嗣

年齢:46歳

住所:坂出市西大浜南

職業:元社員

容疑:詐欺

大林容疑者の顔は現在のところ報道されていませんでした。SNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましたが同名のアカウントすら発見できませんでした。

残念ながらSNSを利用していない可能性が高そうです。

警察の調べに対して、大林容疑者は客への接待などで借金をしていて、そのh返済などに充てようと思った」と容疑認め話しているとのことです。

大林英嗣容疑者が逮捕された事件概要

顧客からお金をだまし取った疑いで生命保険会社の元社員の大林英嗣容疑者が逮捕される事件が起きました。

今回明らかになった事件の他にも余罪についもないか気になるところです。

事件概要について確認していきましょう。

顧客から保険料名目で7500万円をだまし取ったとして詐欺の疑いでソニー生命高松支社・大林英嗣容疑者(46)=坂出市西大浜南=が逮捕された。

警察の調べによりますと、大林容疑者は2012年12月から2016年4月にかけて、顧客の男性(54)に架空の生命保険の契約をもちかけ、保険料名目で4回にわたって現金7500万円をだまし取った疑いです。

顧客から相談を受けてソニー生命が社内調査を行い、去年7月、大林容疑者を懲戒解雇した。

警察は今回の逮捕容疑の他にも7人から合わせて7500万円あまりだまし取っていたとみて捜査している。

出典:KSB瀬戸内海放送

ソニー生命の元社員が詐欺の疑いで逮捕される事件が起きました。

事件発覚から逮捕まで時間がかかっていたのでしょうか?

今になってニュースになっているということで捜査に時間が掛かっていたのかもしれませんね。

しかし、1年以上の渡り詐欺を繰り返してきたということで、顧客から相談があるまで気付けないのも会社として問題があるのではないでしょうか。

社員を信用するのも大事ですが、お金を扱う仕事だけに社員の管理もしっかりしないと安心して生命保険に加入もできませんね。

事件が発覚して大林容疑者は懲戒解雇されていますが、被害者の被害額は会社が保証するのか大林容疑者が保証するのか気になるところですが、大林容疑者の場合だとだまし取ったお金も使い込んでいる可能性も高く、今後返せる保証もなさそうですね。

大林英嗣容疑者の元勤務先

出典:KSB瀬戸内海放送

こちらが大林容疑者が勤めていたソニー生命高松支社が入っているビルの写真と周辺のマップになります。

スポンサーリンク







 

大林英嗣容疑者の犯行動機

大林容疑者の犯行動機は「客への接待などで借金をしていてその返済などに充てようと思った」と供述していることから借金があったのは事実かもしれませんが、さすがに7500万円も接待で借金をしていたと考えにくいです。

保険会社なので、営業成績が大事かもしれませんが顧客の接待の為に借金するのは営業としてやりすぎですね。

そんなことをするのは力のない営業マンで、そのやり方ではいつまでも続けていくことはできないでしょう。

大林英嗣容疑者が受ける刑罰

大林容疑者は詐欺の疑いで逮捕されています。

詐欺罪は10年以下の懲役で罰金刑のない重い刑罰になります。

このような事件を起こし職を失い、もし家族がいれば家庭も失っても不思議ではありません。

 

スポンサーリンク







 

ネットの声

これは、会社が保証してくれるのですか?私も昔、会社が潰れても私が保証すると言って勧誘してきた職員がいましたが、転換しませんでした。その1年後その保険会社は潰れました。定期保険があったけど、800万円近く支払って返ってきたのは24万円でした。
悪い奴はどこにでもいるな。
クビにするのはいいけど、騙し取った金は弁済したの?

ネットの声でも今回の被害額を会社が負担してくれるのか気になっているようです。

確かにこれで会社が保証せずに大林容疑者が返済するようになってもお金が戻ってくる可能性はほぼゼロです。

そんなことでは生保保険に入るのおリスクと考えてしまいますよね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。