スポーツ

門別競馬で誤審発覚!1着馬と2着馬を逆に発表!払い戻しはどうなる!?

1日に門別競馬場で行われた交流GIII・北海道2歳優駿(ダ1800メートル)で1、2着馬の着順を逆に判定する誤審がありました。

払い戻しはどうなるのでしょうか?

今回の問題について調査します。

門別競馬で誤審の問題が発覚

スポンサーリンク



門別競馬で誤審があり大きな問題になっています。

事件概要について確認しましょう。

1日に門別競馬場で行われた交流GIII・北海道2歳優駿(ダ1800メートル)で1、2歳馬の着順を逆に判定する誤審があった。

レースは直線で同じ運営競馬同士の激しい叩き合いとなり、1番人気のウィンターフェルが1着、6番人気のイグナシオドーロがハナ差の2着で確定、払い出しも行われた。

しかし、その後に誤審であることが判明し、写真判定などによる再検証の結果、イグナシオドーロがわずかに先着していることがわかった。

主催者のホッカイドウ競馬関係者は「誤りがあったことは確かです。今後について検討中です」と誤審を認めている。

なお、一度確定した払戻金はそのまま適用された上で、イグナシオドーロ1着、ウィンターフェル2着馬券、およりトリプル馬単も的中として新たに払い戻すことなどが検討されている。

すでに破棄された勝馬投票権など、今後の対応については2日に北海道庁での記者会見が予定されている。

出典:東スポweb

問題の誤審レースの映像

こちらが誤審があった1日に門別競馬場で行われた交流GIII・北海道2歳優駿(ダ1800メートル)になります。

確認してみると内のイグナシオドーロのがわずかに先着しているように見えます。

スポンサーリンク



過去に競馬で着順を間違える誤審はあったのか?

調べたところ過去にも一度、86年5月31日に日本中央競馬会の阪神競馬4レースで、2着と3着馬着順を逆に判定する誤審があった。

主催者側は4レース確定から3時間以上経過してから誤った判定だったことを公表、破棄された当たり馬券を探そうとする者が出て騒動にもなっていた。

払い戻しはどうなる?

払い戻しで現在わかっていることは誤審があったが、すでに払い戻しされた馬券はそのまま対応するということです。

またこの誤審が明らかになり当たり馬券となった馬券についても払い戻しが検討されていますが、ネット投票や運よくその馬券を破棄せずに持っていた人は払い戻しがされる可能性が高いでしょう。

しかし、すでに外れ馬券だと思い馬券を破棄してしまった人への払い戻しは残念ながら行われないのではないでしょうか。

さすがに証拠もなく、自己申請が認められれば嘘の申請をする人も多数出てくるはずです。

馬券を破棄してしまった人からすれば納得できないでしょうが仕方ないでしょう。

しかし、映像からも同着ではなくよく確認すると内のイグナシオドーロがわずかに先着しているように見えるので抗議する人が多く再度審査したと思われるので馬券を残していた人も多いかもしれませんね。

スポンサーリンク



 

ネットの声

とりあえず、この時間(2日12:00)になっても
判定写真がNARのサイトにあがってないことが
大問題
画像を確認しても、内が優勢と感じる。

というか、ゴール板の所の画像を見れば、こういう間違いは起きないと思うのだが‥‥。

地震の影響もあったし、ホッカイドウ競馬には頑張ってほしいという気持ちがあったが、しばらく馬券を買うのは控えたい。
ある意味、先日のJRAでの距離誤認よりもこれはまずい。

ネット投票の分は容易に払い戻しできるでしょうが現地や場外で勝ってる分はどうするのでしょうか?
手元にない人は対象外としても、馬券なしでも申告で払い戻すとしても大きな問題が起きそう
よりによって売上げの大きい交流競走でやってしまうとはね。
ネット投票の流れが進んでるのは救いだろうけど、逆に新たに的中扱いとなると損害は相当なものになりそう。
破棄された馬券の問題もあるし、揉めるだろうなぁ。

 

競馬開催で一番やっちゃいけないやつだ。昔、JRAがやらかした時は、客の記憶とJRA側の購入記録が一致したにも関わらず、「馬券がないなら払い戻しはしない」と突っ撥ねて裁判に。結局、地裁、高裁でもJRA敗訴して払い戻すという、終始残念な対応だった。今はカメラもデータ処理も向上してるから、申し出の一件一件調査する位しないと、破棄した購入者は納得しないだろうね。

この問題は明らかに主催者側にあります。

誤審発覚からの発表も遅いので馬券を捨てている人も多いはずです。

確かにすぐに発表すれば破棄された当たり馬券を探す人も出るので問題になりますがお金が絡んでいることで判定ミスは大問題です。

このような問題がないように再発防止をしてもらいたいですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。