事件・事故

藤本彩花さんと藤本宗一郎くんが火事の犠牲に。なぜ火事は起き犠牲になったのか

兵庫県で住宅火災が起き、この家に住む小学生2人の藤本彩花さん(12)と藤本宗一郎くん(8)が犠牲になる悲しい事故が起きました。

なぜ2人は犠牲になり、火災が起きたのでしょうか?

今回の事故について調べてみました。

事故概要

スポンサーリンク



まずは事故概要について確認していきましょう。

午前0時半ごろ、兵庫・稲美町の住宅で、「倉庫から火が出て家に燃え移った」と、住人の男性から消防に通報があった。

火は、およそ3時間後に消し止められたが、住宅は全焼し、この家に住む小学6年の藤本彩花(いろは)さん(12)と弟で小学2年の宗一郎君(8)が病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

この家にには2人と両親が住んでおり、父親も火傷を負いました。

出典:FNN

今回の火事で小学生2人の彩花さんと宗一郎くんが命を落とす悲しい事故になってしまいました。

倉庫から火が出たということで、倉庫から火災が何か起こる要因があったのでしょう。

その対策としていなかったとなれば親の過ちですね。

しかし、この火事で2人の子供を失い深くショックを受け傷ついていることでしょう。

ご冥福お祈りいたします。

藤本彩花さんのプロフィール

名前:藤本彩花

年齢:12歳

住所:兵庫・稲美町

職業:小学6年生

藤本宗一郎くんのプロフイール

名前:藤本宗一郎くん

年齢:8歳

住所:兵庫・稲美町

職業:小学2年生

事故現場

出典:TBS NEWS

こちらが事故現場の写真と周辺の地図になります。

スポンサーリンク



事故原因

近所の人の話などでは、藤本さん一家は18日夜、バーベキューをしていたということで使用した道具を火元となった倉庫に置いていたとみられています。

出典:TBS NEWS

どうやら火災の原因の可能性はバーベキューで使用した火のついた炭の可能性が高そうです。

きちんんと炭の後処理をせずに保管したのはさすがにまずいですね。

バーベキューは楽しんですが片付けと火の処理をすることは大切です。

スポンサーリンク



2人が犠牲になった理由は?

藤本彩花さんと藤本宗一郎くんが犠牲になった理由ですが、おそらく部屋が自宅の2階で火災が起きたのも家族が寝静まってから起きたのでしょう。

一回にいた両親は一階で過ごしていたために運よく逃げることができたと思いますが、火災に気づい時には火災が大きくなって子供を助けることはできなかったのではないでしょうか。

二階を子供部屋にしている家庭は多いと思いますが、火災などが起きてしまった場合は逃げ遅れる可能性があるのも事実です。

スポンサーリンク



ネットの声

楽しかったバーベキューの思い出が、悲しくて悔いの残る思い出になってしまいましたね。

火の始末はちゃんとしなくてはいけませんね。

御冥福を御祈りします。

死ぬことがはっきりしていても、子供たちだけを助けられずに自分が生きるのはその方がつらいので、自分なら助けに飛び込んでしまうと思う。
実際できるかはわからないが、そのつもりではいる。

今回の火災は事件性は低そうです。

バーベキューの火の処理を怠ったことが原因とすれば防ぐことができた事故なので両親も悔やんでいることと思います。

一軒家の家だと庭でバーベキューができるのでする家庭もあると思いますがバーベキュー後の後処理をしないとこのような事故が起きることをきちんと理解して欲しいという意味を込めて今回記事にさせていただきました。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。