事件・事故

福井清司が同僚を刺し逮捕!トラブルが原因か!?犯行動機も明らかに

後志の赤井川村で、同僚を作業員を果物ナイフで刺したとして、福井清司容疑者(46)が逮捕された。

2人の間に何のトラブルがあったのでしょうか?

福井容疑者についてと今回の事件について調べてみました。

福井清司容疑者のプロフィール

スポンサーリンク







 

こちらが同僚を刺したとして逮捕された福井清司容疑者のプロフィールになります。

名前:福井清司

年齢:46歳

住所:赤井村

職業:作業員

容疑:殺人未遂

福井容疑者の顔は現在のところ報道されていませんでした。

SNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましたが「福井清司」という同名のアカウントは見るかるも本人と特定するには至りませんでした。→Facebook福井清司検索結果

警察の調べに対して、福井容疑者は男性と仕事のことで口論となり「腹が立ったから刺した」と容疑を認めています。

福井清司容疑者が逮捕された事件概要

殺人未遂の疑いで福井清司容疑者が逮捕される事件が起きました。

事件概要についてみていきましょう。

後志の赤井村で、同僚の作業員を果物ナイフで刺したとして、殺人未遂の疑いで作業員・福井清司容疑者(46)が逮捕された。

福井容疑者は29日午後11時前、トンネル工事の作業員の寮で、数人の同僚と自分の部屋で酒を飲んでいた最中、56歳の男性の腹を果物ナイフで刺した疑いです。

男性は重傷とのことです。

出典:HTBニュース

仕事の同僚数人とお酒を飲んでいた最中に1人の同僚と仕事のことで口論になり、腹を立て果物ナイフで刺してしまったようです。

2人で飲んでいた訳ではなさそうなので他の同僚が福井容疑者のことを止めることはできなかったのでしょうか?

お酒を飲んでいると人格が変わる人もいるので口論になればこのような事件が起こることも考えられますが、ナイフで人を刺すとはひどい事件です。

事件現場

事件があった赤井川村の地図になります。

スポンサーリンク







 

 福井清司容疑者の犯行動機

福井容疑者は被害者男性と仕事のことで口論となり「腹が立ったから刺した」と容疑を認めています。

仕事なのでいろんな考え方があり、自分の考えと違うと口論になることもあると思います。

事件当時はお酒を飲んでいたということもあり、口論が激しくなり感情的になりナイフで刺してしまったのでしょう。

事件を防ぐことはできなったのか?

2人で飲んでいた訳ではないだけに口論になる前に他の同僚が2人を止めていれば事件を防ぐことができなかったのではないでしょうか?

また仕事の場合は一人一人が違う考えを持って働いていることが多いので口論になる可能性が高い話題にもなります。

お酒の読んでいる場合は理性がきかないこともあるのでお酒の場では同僚とは仕事の話をしないことも事件を防ぐ方法ではなかったでしょうか。

スポンサーリンク







 

福井清司容疑者が受ける刑罰

福井容疑者は殺人未遂の疑いで逮捕されています。

殺人未遂の刑罰は死刑または無期もしくは5年以上の懲役と殺人罪と同じ刑罰ですが、未遂罪の場合は罪は軽減されるのでこれよりは罪は軽くなるでしょう。

 

ネットの声

お酒は人を変える。
普通は腹が立ったくらいじゃ果物ナイフで刺さないよ

酒を飲んで見境なく怒ること それを酒乱と気づいてほしいんだが…

お酒を飲むなら楽しく飲むべきだと思います。

酔うと今で抑えていた感情も爆発することもあるでしょう。

そんなときだからこそ話す内容を考えて飲むことも大切ではないでしょうか。

お酒絡みの事件が多いのでこのような事件がなくなることを願いたいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。