事件・事故

珍田弘毅が2カ月長女に暴行!SNS特定か!?子供がいるのに無職とは

生後2カ月の長女に暴行を加えたとして、父親の珍田弘毅容疑者(30)が傷害容疑で逮捕された。

なぜ生後2カ月の長女に暴行を加えてのか?

珍田容疑者についてと今回の事件について調査しました。

事件概要について

2カ月の長女に暴行を加えて珍田弘毅容疑者が逮捕された。

2カ月の長女に暴行を加えるというひどい事件です。

なぜこのような事件が起きたしまったのでしょうか。

まずは事件概要について確認していきましょう。

千葉県警鎌方ケ谷署は18日、生後2カ月の長女に暴行を加えたとして、自称無職・珍田弘毅容疑者(30)を傷害容疑で逮捕した。

珍田容疑者は18日午前0時ごろ、自宅で長女の体をわしづかみにするなどの暴行を加え、軽傷を負わせたとしている。

珍田容疑者は泣きやまなかったから暴行した」と容疑を認めています。

同署によりますと、長女の腹や足にはあざができていた。肋骨の数カ所には、過去に骨折していたことを示す傷痕があった。

珍田容疑者は長女、妻と3人暮らし。事件当時、妻は仕事のため外出中で、18日午前に長女の体にあざがあるのに気付き病院で診察させた。この病院から「虐待が疑われる」と同署に通報があったという。

珍田容疑者が日常的に虐待していた疑いもあるとみて調べている。

出典:毎日新聞

生後2ヶ月の長女に暴行を加えたとして、珍田容疑者が逮捕されるというひどい事件です。

今回は軽傷ですが、過去に肋骨を骨折していたことを示す傷痕もあるということで日頃から虐待を繰り返していた可能性も高いということです。

母親は今まで珍田容疑者が虐待を繰り返していたことを知らなかったのでしょうか?

しかし、今回母親が長女にあざがを発見し病院に連れて行っているぐらいなので母親が虐待をしていた可能性は低く、珍田容疑者が妻がいない間に虐待を繰り返していたということも考えられます。

また珍田容疑者が無職ということから子供の世話や家事を中心に行っていたとなれば虐待に傷かなかった理由かもしれません。

病院が警察に通報して珍田容疑者が逮捕されて良かったです。

生後2カ月の長女に虐待を繰り返していたと思われる珍田容疑者についてまとめてみます。

 

スポンサーリンク







 

珍田弘毅容疑者のプロフィール

出典:TBSニュース

名前:珍田弘毅

年齢:30歳

住所:千葉県鎌ケ谷市西道野辺

職業:自称無職

容疑:傷害容疑

現在のところ珍田容疑者の顔は報道されていませんでした。

引き続き調査します。

子供がいて妻だけに働かせて無職とは呆れてしまいます。

10月20日に珍田容疑者の顔が報道されたので追記しました。

 

スポンサーリンク







 

珍田弘毅容疑者のSNSは?

珍田容疑者のSNSのアカウントについて調査したところ、同名で住まいが一致するアカウントを発見することができました。

子供と結婚をしているとう情報も一致しているところから本人のアカウントである可能性は極めて高いでしょう。

しかし、プライバシーの問題もあるのでこちらでの情報公開は控えさせていただきます。

気になればこちらから検索してみてください。→Facebook珍田弘毅検索結果

 

スポンサーリンク







 

事件現場について

事件現場の珍田容疑者の自宅がある周辺の地図になります。

 

スポンサーリンク







 

珍田弘毅容疑者の犯行動機は?

警察の調べに対して、珍田容疑者は「泣きやまなかったから暴行した」と容疑を認めています。

しかし、生後2カ月の子供が泣くのは当たり前のことです。

子供がいて自分が無職ということで働いている妻と言い合いになることも多かったのでしょうか。

自分の状況にストレスを感じ長女に虐待をという形でストレスを発散していたということも考えられます。

なんの罪もなく抵抗もできない長女に暴行を繰り返していたとなれば本当に許せない事件です。

 

スポンサーリンク







 

珍田弘毅容疑者が受ける刑罰

珍田容疑者は傷害の疑いで逮捕されています。傷害罪の刑罰は15年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

さすがにこのような犯罪を犯せば家族関係も崩れ離婚も免れることはできないんではないでしょうか。

 

スポンサーリンク







 

まとめ

生後2カ月の長女に暴行を加えるというひどい事件です。

最近は病院側も虐待の可能性があればすぐに警察に通報してくれるので虐待を発見されることは本当に増えたと思います。

生後2カ月の子供に対して暴行を加える人が人の親になることが本当に許せないと思う事件です。

このような事件がなくなることを願いたいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。