事件・事故

陳征の顔画像!睡眠薬を利用して女子高生にわいせつな行為!野村グループ社員の不祥事

女子高校生に睡眠薬の成分を含ませた飲み物を飲ませて意識をもうろうとさせ、わいせつな行為をしたとして陳征容疑者(32)が逮捕された。

睡眠薬まで利用して女子高生にわいせつな行為をするという悪質な犯行です。

同じような犯行を繰り返していたのでしょうか?

今回の事件について調べてみました。

事件概要

野村グループの社員で中国籍の陳征容疑者(32)が女子高校生に睡眠薬の成分を含ませた飲み物を飲ませて意識をもうろうとさせ、わいせつな行為をしたとして逮捕されました。

事件概要について確認していきましょう。

女子高校生に睡眠薬の成分を含ませた飲み物を飲ませて意識もうろうとさせ、下半身を触るなどしたとして野村アセットマネジメントの社員・陳征容疑者(32)=中国籍=が警視庁に逮捕された。

陳容疑者は今年8月に東京・新宿区歌舞伎町の路上で埼玉県の高校2年の女子生徒(17)に睡眠薬の成分を含ませた飲み物を飲ませて意識をもうろうとさせ、自分の車に連れ込み下半身を触るなどわいせつな行為をした疑いです。

2人はツイッターを通じて知り合い、女子生徒は出会ってすぐに陳容疑者から飲み物を飲むように促されたということです。

警視庁は、陳容疑者が同様の事件を少なくとも5件、繰り返したとみられていますが、取り調べに対し、陳容疑者は容疑を否認しています。

出典:TBS NEWS

睡眠薬まで使用して女子高校生にわいせつな行為をし、陳容疑者が逮捕されました。

ツイッターを利用して女子高校生と知り合い同じような犯行を繰り返していたと思われているだけに逮捕されて良かったです。

しかし、陳容疑者に睡眠薬を飲まされて、わいせつな行為を受けた被害者にあった心の傷が心配です。

今回の陳容疑者の犯行は計画的で悪質な上に警察の調べに対して容疑を否認していることから反省している様子もみうけられません。

そんな陳容疑者という人物についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク



陳征容疑者のプロフィール

こちらが女子高校生に睡眠薬を含ませた飲み物を飲ませてわいせつな行為をし逮捕された陳容疑者のプロフィールです。

名前:陳征

年齢:32歳

国籍:中国

容疑:準強制わいせつ

女子高生にわいせつな行為をしながらも容疑を否認している容疑者になります。

 

スポンサーリンク



陳征容疑者の顔画像とSNS

陳容疑者の顔画像とSNSのアカウントについて調査しました。

陳容疑者の顔は報道されていました。

こちらが陳容疑者の顔画像になります。

出典:TBS NEWS

次に陳容疑者のSNSのアカウントについて調べてましたが、記事によるとツイッターを通じて女子高校生と知り合っていルはずなのでアカウントがあると思ったのですが、残念がら陳容疑者と特定できるアカウント発見には至りませんでした。

 

スポンサーリンク



事件現場について

事件現場についても調べてみました。

事件現場の東京・新宿区歌舞伎町の周辺の地図になります。

 

スポンサーリンク



陳征容疑者の勤め先は?

陳容疑者は野村グループの「野村アセットマネジメント」の社員として働いていること明らかになっています。

引用:Googleマップ

さすが野村グループの会社だけに立派なビルの印象を受けます。

 

スポンサーリンク



犯行動機は?

陳容疑者は容疑を否認しているので犯行動機は明らかになっていません。

陳容疑者は酒に酔っていたわけではなく、睡眠薬を使用して女子高校生に対してわいせつな行為を複数回に渡り同じ犯行を繰り返して可能性が高いことから計画的な犯行で、わいせつなことをする目的でツイツターを通じて女子高校生と会っていたと考えられます。

無事に逮捕されて良かったですが、計画的な犯行だけにこれ以上被害者が出る前に逮捕されて良かったです。

 

スポンサーリンク



陳征容疑者が受ける刑罰

陳容疑者は準強制わいせつの疑いで逮捕されています。

準強制わいせつの刑罰は6月以上10年以下の懲役です。

よく聞く強制わいせつとの違いですが、準強制わいせつは今回の場合だと被害者の女子高校生が睡眠薬により意識がもうろうとしていた際にわいせつな行為をされています。

意識がはっきりあり、抵抗できる状態かそうでないから違ってきます。

 

スポンサーリンク



ネットの声

全ての犯罪における処罰を強化すべきだと思います。また外国人に日本の常識など通用しません!これからますます増えるであろう外国人犯罪において厳罰化は必須だと思います。
今の時代、交流のひとつの手段でネットだから悪いという意識は変わってほしい。

どんな出会いだろうと、悪いことはしてはいけない。

性犯罪は厳罰化すべき

ネットの声でも性犯罪に対する厳罰化やSNSでの出会いは危険という声が多いです。

ここ数年、性犯罪が増えている印象を受けます。

それもSNSなどで出会うことが普通になりつつあるのも原因の一つでしょう。

自分の身を守るべきでもSNSを扱いには注意が必要ですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。