事件・事故

東祐馬が女子高生にわいせつな行為をし逮捕!警部補がなぜこのような犯行を?

京都市内で通りかかった女子高生にわいせつな行為をし、軽傷を負わせたとして警部補の東祐馬容疑者(34)が逮捕された。

警部補がこのような犯行をしたのでしょうか?

東容疑者についてと今回の事件について調査します。

東祐馬容疑者のプロフィール

 

スポンサーリンク







 

こちらが女子高生にわいせつな行為をし、ケガまでさせた東祐馬容疑者のプロフィールになります。

名前:東祐馬(あずま・ゆうま)

年齢:34歳

住所:京都市北区

職業:向日町署交通課の警部補

容疑:強制わいせつ致傷

東容疑者の顔は現在のところ報道されていませんでした。

SNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましたが、同名のアカウントすら見つけることができなかったので残念ながらSNSを利用している可能性が低そうです。

警察の調べに対して、東容疑者は「ほぼ間違いありません」と容疑を認めています。

東祐馬容疑者が逮捕された事件概要

強制わいせつ致傷容疑で東祐馬容疑者(34)が逮捕されました。

警部補による不祥事だけになぜこのような犯行をしてしまったのか気になるところです、

事件概要について確認していきましょう。

京都市内で通りかかった女子高校生にわいせつな行為をして軽傷を負わせたとして、京都府警は25日、向日町署交通課の警部補・東祐馬容疑者(34)=京都市北区=を強制わいせつ致傷容疑で逮捕した。

東容疑者は8月22日午後10時15分ごろ、京都市帰宅の路上で、自転車を押して歩いていた同区の高校2年の女子生徒(16)を路上で引き倒した上、体を触るなどして右肘にすり傷を負わせたとしている。

府警によると東容疑者は事件当日、公休日で生徒はアルバイトからの帰宅途中でした。

府警の西元博史首席監察官は「忸怩(じくじ)たる思いで、捜査結果をふまえ厳正に処分する」とコメントした。

出典:毎日新聞

警部補の東容疑者が女子高校生に対してわいせつな行為をした上、ケガまでさせ逮捕されるという許されない事件が起きました。

事件当日は東容疑者は公休日で犯行時間も午後10時15分ということで、酒に酔っていた可能性も考えられそうです。

事件発覚から約2ヶ月が経過してからの逮捕ということで、捜査が難航していたのかもしれませんが無事に逮捕されて良かったです。

しかし、警部補がこのような事件を犯しながら普段通り日常生活を送っていたと思うと許せませんね。

被害にあった女子高校生も犯人が無事に逮捕されて安心していると思いますが、このような被害にあい心はひどく傷ついていることでしょう。

心の傷が心配です。

夜に人通りがない道を女子高校生が1人で歩いているのは危険なので誰が送って行くことや迎えに行くことも大切だと思います。

事件現場

事件があった京都市北区周辺の地図になります。

スポンサーリンク







 

 

東祐馬容疑者の勤務先

出典:Googleマップ

東容疑者が勤務している向日町署の写真と地図になります。

東祐馬容疑者の犯行動機は?

東容疑者は容疑は認めているのですが、詳しい犯行動機については明らかになっていません。

たまたま見かけた女子高校生がタイプでこのような犯行をしたのか、女子高校生がバイトしている姿をみてタイプで待ち伏せして後をつけた計画的な犯行の可能性もあるでしょう。

事件当時にお酒を飲んで酔っていたのかそうでないのかも気になるところです。

スポンサーリンク







 

まとめ

警部補が女子高校生にわいせつな行為をし、ケガをさせるという許せない事件が起きました。

本来ならこのような犯罪を犯す犯人を逮捕する立場の警部補がこのような事件を起こすとは本当に問題なことだと思います。

最近は性犯罪も多発しているので女性が人通りのない夜道を1人で歩くは危険なので対策をすることも必要だと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。